トップ

住宅の耐震チェックを

住宅トラブルを防ぐ

住宅の地震トラブル対策

いつやってくるのかわからないものの一つに地震があります。住宅のトラブルの一つに地震による住宅の倒壊や火災、壁のヒビ割れなどが挙げられます。そして、古い建築基準法で建てられた家ほど、トラブルが多くなっているのも事実です。もしものことを考えると、耐震工事を実施しておいたほうがいいのは言うまでもありません。工事には壁の補強や土台・柱の下の補強、基礎・接合部の補強など、さまざまなパターンがあります。もし耐震工事をする予算がなかったとしても、自治体によって補助金制度がありますので、うまくこうした制度を活用し、災害に備えるようにしてください。

喫煙者

耐震工事におけるトラブル

住宅トラブルでよく耳にするのは、強引な耐震工事の勧誘と手抜き工事です。日本は地震大国ですから、常に危険があります。そのために国では耐震基準を定めており、施工会社はその基準をパスした作りの住宅を建てなければなりません。しかし、耐震基準というのは時代によってより厳しいものに変わっていきます。そのため古い建物の場合は、最新の耐震基準を満たしていない場合がほとんどです。そこで業者が強引な耐震工事を持ちかけてくるわけです。耐震のための工事をすること自体は問題ではないのですが、強引な勧誘や手抜き工事などが問題になることが多いので、施工会社の選定には注意を払うことが大切です。

↑PAGE TOP